ホーム
 
結晶材料工学専攻とは
 
スタッフ
 
アクセス
 
English



● 工学研究科、工学部
● 名古屋大学
電子物性工学講座 スピン物性工学研究グループ研究室のページ
 浅野秀文 教授・植田研二 准教授・羽尻哲也 助教


次世代スピントロニクスのための材料物性と応用技術

 ○ 新機能材料(スピンギャップレス半導体、トポロジカル絶縁体)の探索と薄膜成長
 ○ ナノヘテロ構造のエピタキシャル成長・微細加工技術に関する研究
 ○ トンネル・電界効果(強磁性、強誘電、超伝導)の機構解明とデバイス化
 ○ ダイヤモンド(半導体, 超伝導)を用いたスピン・パワーデバイスの開拓
 ○ 角度・スピン分解光電子分光を用いた表面・界面の電子構造の解析

省エネ・高度情報化を実現するスピントロニクスの革新的発展のためには、新機能材料の開発、エピタキシャル薄膜・ヘテロ構造の作製・評価技術の開拓が不可欠である。本研究グループでは、磁性体・絶縁体・強誘電体・半導体・超伝導体の各種ナノヘテロ構造の作製と界面物性の解明、および巨大量子効果を利用した多機能デバイス開発の研究を進めている。
 
 
 名古屋大学大学院工学研究科結晶材料工学専攻
 〒464-8603 名古屋市千種区不老町 / TEL : 052-789-3562 / E-mail : office@alice.xtal.nagoya-u.ac.jp