ホーム
 
結晶材料工学専攻とは
 
スタッフ
 
アクセス
 
English



● 工学研究科、工学部
● 名古屋大学
ナノ固体化学講座 材料設計化学研究グループ研究室のページ
 鳥本司 教授・鈴木秀士 准教授・亀山達矢 助教


ナノ構造を精密に制御した機能性材料の設計・開発とエネルギー変換デバイスへの応用

 ○ ナノ複合材料の光化学的構造制御と光触媒への応用
 ○ 化学プロセスによる高効率太陽電池の開発
 ○ 量子ドットを用いる新規発光材料の作製と光デバイスへの応用
 ○ イオン液体と真空技術による革新的ナノ材料創製

ナノメートルサイズの材料は、分子やより大きな粒子のいずれとも異なった物理化学特性をもち、さらにそれは材料のサイズに依存して大きく変化する。本研究グループでは、化学的手法を用いて半導体および金属からなるナノ構造体を構築し、光子・電子・分子の流れを自在に制御できる新規機能性材料の創製を目指している。さらに、電極基板上に集積化することにより、太陽電池・燃料電池などのエネルギー変換デバイスの開発を行っている。
キーワード : 量子ドット、発光性ナノ粒子、太陽電池、光触媒、燃料電池、イオン液体
 
 
 名古屋大学大学院工学研究科結晶材料工学専攻
 〒464-8603 名古屋市千種区不老町 / TEL : 052-789-3562 / E-mail : office@alice.xtal.nagoya-u.ac.jp